入れ歯よりオールオン4なら取り戻せる若々しさがある

オールオン4は骨を埋め込むためのインプラントの数を4本にしたインプラントの最新手術です。
従来のインプラント手術では対応することができなかった人も施術することができ、その認知度は高まっています。
オールオン4のメリットはいくつかあり、コストの負担が少なく済ませることが可能です。
インプラントにするとかなりのコストがかかってしまいますが、オールオン4は4本のインプラントによって、顎に歯をしっかりと固定することができ費用も少なく済みます。
すべての歯が固定されるので、造形的に自分の歯とほとんど同じで、頬や口元のたるみもなくなります。
咀嚼機能に優れていて何でも噛めることができたり、きちんと固定されているので会話や食事などに影響がありません。

オールオン4は埋め込む数が最少4本で、骨の移植なども不要です。
抜歯してからインプラントを埋め込み、仮歯の装着するまでの治療期間は1日で行うことが可能です。
使っている歯や入れ歯は手術する当日まで使うことができ、その日には新しいインプラントが埋め込まれ、食事をとることができます。
短期間で固定式仮歯を埋め込むことができる画期的な治療方法で、1日で口元を変えることができ、さまざまな入れ歯の不安や悩みから解放されるでしょう。
尚、顎の骨の状態によって、インプラントの数が多くなるケースもあります。

オールオン4は高齢の性で総入れ歯を使っている人や、多くの歯をなくしてしまった人におすすめの治療法です。
今まではすべての歯をなくした人に治療を行う場合、総入れ歯にしたり、部分入れ歯にしたり、8縲鰀14本を埋め込むのが通例でした。
そのために手術時間が長くなったり、術後の腫れもあり、コストが高くなるというさまざまな不安要素がありました。
オールオン4はインプラントを歯茎の骨がある部分に斜めに埋め込み、均等に力を広く配分することによって、最小4本のインプラントで人工歯を支えることができます。
特に高齢の方の入れ歯に関係するいろいろな不安要素を解消することができ、手術やコストの負担を最小限に抑えることが可能です。
食べ物がはさまって痛むこともなかったり、顎の骨に固定されているので硬いものを食べることができます。
天然の歯とほとんど変わらない感覚で食べ物を味わうことができ、若返ることができるでしょう。
固定式の歯なので取り外す必要がなく、美容面でもメリットがあり、旅行や外出を楽しむことが可能です。